鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

かたのビックトレイル試走会に行ってきたのでコース紹介します♫

2020年01月26日
Pocket

2020年3月7日には、交野市を中心にソトアソが運営協力として、トレイルランニング大会が開催されます!


交野ビックロックトレイル2020

 

僕も鉄平塾トリオで出るので楽しみです♪

今回は、2人の元サブスリーランナーの男性と女性と一緒に男女混合トリオを組んで出場します!

二人はロードは速いのですが、トレイルが苦手でレースもあまり出ていないということで、
僕が実践的にレースで講習しながらトレイルを走るという特例です☆

◯鉄平塾はFacebookで「鉄平塾」と検索して参加を♫

他にも、京都マウントチョップなどでトリオでやってます♪
京都マウントチョップ kyoto mount chop トリオ完走感想記2

 

 

◎試走会ソトアソ前集合からスタート

今日は京阪私市駅前の広場に朝9時に集合しました。

奥の建物の1階には、トレランショップの『ソトアソ』もあります。

ソトアソのトレランショップについても紹介しています☆
ソトアソ@私市駅すぐのトレランや山の専門店をご紹介

 

試走会では50人以上集まったため、3班に分かれて時間差でコースを進むことになりました。

一緒にトリオで出る女性と一緒に、A班の交野里山トレイルランニングクラブの村井さんをリーダーとして引率していただきました♪

 

スタートは本番については、星の里いわふね(交野市立いわふね自然の森スポーツ・文化センター)です。

そこで受け付け、着替え、荷物預け、開会式を終えて、
私市小学校の入り口から、10時にウェーブスタート開始です。

 

◎ソトアソからくろんど園地展望台

ここからは今日、試走会で通ったコース紹介になります。

※どのコースを通るか当日までの楽しみにしている人は、ネタバレを含みますのでご注意ください

 

ちなみに全体的な公式発表されているコースマップはこちら

かたのビックトレイルコースマップ

 

ソトアソの裏からくろんど池ハイキングコースの方へ向かいます。

 

トレイルに入って、最初の広場で通常は左の沢沿いの岩場階段を行きますが、このコースは右の奥のトレイルを進みます。

 

その先に、小学校からスタートしたレースの時した通れない道と合流して、いったん少し登って下ってから沢を渡り通常ルートに合流します。

 

すいれん池の分岐で、左の金網を登らず、右の休憩所にも行かずに真っすぐ林道を登ります。

すぐに右手のトレイルを下って走りやすい道を進みます。

 

そして、水舞台の横の階段急登を登って行って、みはらしの道を登り続けます。

 

すると、展望台のある地点まで登って、その横を下って行きます。

 

展望台からは大阪市内のビル群が一望できるいいスポットです。
(レース当日はコースでは登りませんので、展望を見る余裕がないかもw)

 

◎前半の難コースから園地外へ

下って行くと少し真っすぐに登り返しがありますが、左の細い荒れたトレイルを下って行きます。

 

ここがなかなか曲者で、人があまり通らず荒れているのでかなりテクニカルです。

 

一度下りきったら、今度はまた荒れたかなりキツイ急登トレイルを登り返して行きます。

コースマップを見たらわかるのですが、このルートはわざわざこの大会のために降りて登らされる設計となっていますw

 

登り切って鉄塔を越えます。

今回、いろんな場所で鉄塔を通過するので、鉄塔を把握していれば今どの辺にいるかわかりやすいと思います。

 

そして、下って行くと今度は通常ルートの管理道に出て、ここに第一エイドがあります。

そのあとは、左へ交野山方面へと下って行きます。

この先はこのコースで唯一長い舗装路のコースとなります。

 

◎竜王山と最高地点の旗振り山へ

そのあとの分岐で、通常は交野山方面は右のトレイルを入るのですが、行きは左のロードを下って行きます。

 

田園風景あふれる素晴らしい景色を走れます。
(レースでは一番飛ばすとこかもしれずそんな余裕ありませんがw)

 

途中で田んぼの間のかいがけの道を進みます。

 

そこから途中で小さい神社のある竜王山へ登ります。


 

その先を進むと竹林の緑豊かなトレイルに入りかなり癒されます。
下は少し走りにくく、倒木も多いので障害物競走的なアドベンチャーなコースとなっています。

コースを通っていて思ったのが、あまりハイカーさんが通らないようなトレイルを進むので、

これまでの台風で荒れた道がいろんな人の手で整備されているのが分かって、

とても有り難く頭が下がる思いで走らせて頂けるのだな~と感じました。

 

一度、このコースや交野市では一番高い旗振山に出て左へ降りて行きます。

(交野山より高い)

 

◎交野山を往復して最終エイドへ

そのトレイルを下って来て、ロードに出ますが、交野山方面は左へ行きます。

行きは源氏の滝方面へ一度下ってから、いきものふれあいセンターで第2エイドがあり、交野山へ向かいます。

そして、下って戻って来てここにまた戻ってきます。

 

そのあとは、通常のコースが使えないのでロードから急なトレイルへ入って少し荒れた道を登っていきます。

 

そこを抜けると通常の近畿自然歩道と合流して、あとはくろんど園地方面へ戻っていきます。

 

ここは最初に左のロードへ行った分岐で、帰りは左のロードを登っていきます。

行きと同じでここは何とか走れる唯一ロードが、最後のエイドまで続くので頑張りどころです。

 

途中でエイドに寄るためキャンプ場施設に行って、最終エイドを通過してまた戻ります。

 

◎最後の難関トンネル越えからゴールへ

管理道ではなく、そよかぜの道を進み、管理道の休憩所に出ます。

 

今度は私市駅方面へは下らず、左の管理道を登ってゴルフ場に行きます。

ここに、くろんど園地の案内図がありました。

青の道で行き入って、オレンジの道で帰ってくるイメージです。

 

ゴルフ場のわきのハイキング道を下って行くとゴルフ場の施設に出ます。

 

ここからは車やカートが往来するので、レース中では歩行区間となります。

 

ゴルフ場への道路を下って行くと、途中で左に急登が見えます。

ここに入ってかなり急な荒れた道を登っていきます。

最後の難関のコースとなります。

 

そして、登り切ったら今度は物凄い激下りがあり、左右に道路が見えるトンネルの上を越えて下って行きます。

 

トンネルを越えて下ると、今度はそのトンネルをロードの歩道でくぐって抜けます。

 

そのあとは岩船神社の登りからほしだ園地のトレイルを抜けて、星のブランコの下の林道を下って行きます。

(試走会ではショートカットしました)

 

そのあとはピトンの小屋から木段の歩道を通らず、右にいったん降りてから、普段は通れない木段下のトレイルを抜けます。

 

抜けたら駐車場に出てきて、階段を上って通常ルートに戻ります。

 

あとは通常の川沿いのトレイルを進んで、星の里いわふねに着くとゴールです!!

 

 

今回の思想界はショートカットを何度かしたので20キロ弱でした。

本当のコースは25キロ程度あります。

標高差は最初に一気に登って、そのあとは連続的にアップダウンを繰り返す感じで、最後は下って行きながらゴールというイメージです。

 

今回の新たなコースでの方のビックトレイルはとても楽しみになりました♪

なかなかハードなテクニカルなコースでアップダウンも多くパンチがありそうですが、頑張って楽しんで走りましょ~

 

 

私市周辺を含む関西の山トレイルの地図なら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ステップアップ六甲・金剛・比良・京都北山 (山歩き安全マップ)

価格:1760円(税込、送料無料) (2019/12/24時点)

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ にほんブログ村

 

このブログを書いている鉄平が定期的に配信するメールマガジンがあります。
「健康」や「運動」をテーマの他様々な「コラム」や「雑学」、理論的な記事をあなたにお届けします。

ぜひ、無料でお試しに下記より登録を♪

鉄平塾(teppeijuku)
メールマガジン

 

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください