fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

京都マウントチョップ(kyoto mount chop)トリオ完走感想記2

2018年11月04日
Pocket

 

京都市の北部で行われるトレイルランニングレースの関西の草レース的なアットホームな大会。

http://kyotomountchop.skr.jp/

 

六甲山のキャノンボールと並び、非公式レースながら低価格で充分楽しめるというとても人気ある大会です。

なんとエントリー費2000円(春は2500円)、100人打ち上げ飲み放題4000円!

 

エントリー開始後にスグに締切になるほどの人気ぶりですね。

3年前に1度マイルドコースで出てチョップデビュー。
途中でコースアウトして、2位でゴールしたものの失格となった思い入れあるコース、大会です。
でも、そこでいろんな人と仲良くなり、それから連続してこの大会に出場しています。

この前のトリオ完走記はこちら

京都マウントチョップ(kyoto mount chop)トリオ完走感想記1

それ以来はずっと、このブログのタイトルと同じく「鉄平塾」と言うチーム名で3回連続エントリーしています。

facebookで「鉄平塾」を検索するとトレラン講習ページが出てきます。
https://www.facebook.com/groups/172756860060450/

 

3人で一緒に走ってゴールするという「トリオ」と言うカテゴリーで出ています。

40キロ超のワイルドコースが無くなって、全カテゴリーが20キロのマイルドコースとなりました。

 

トリオの3人の今シーズンの調子も山慣れもしていない、時間がたっぷりあるということでゆっくりと楽しむことをコンセプトに走りました🎵

 

スタートは鴨川北部の西加茂橋付近。
春は比叡山登り口の北白川児童公園スタートです。

そこで毎回、ホセマロ軍団という大会マスコットの面白い寸劇があります

大会運営陣5人の説明が終わったあと、それをみんなで聞いてから全員で集合写真。

毎回、時間が押してスタート時間が遅くなるのは参加者皆さんのご愛嬌。

今日は特に時間に余裕があったんで、30分近くしてから、ようやくのんびりとスタート🎵

 

号砲がなった?あともみんなユルユルでジョグか歩く程度で、信号待ちにはキッチリ待ってのびのびと進む。

ほぼ最後尾からスタートしたので鴨川の橋渡って信号待ちを4回くらい捕まった。
けど、そのまま淡々と楽しむ。

途中でいろんなトリオやソロで走ってる仲間たちと会って、ワイワイしながら次第に前の方へ。

最初の登り口はある程度整備はしていたものの、倒木だらけでかなり荒れた山となっていました、、

 

中間地点の第1エイドを越えて集落に下ったところの小学校で地域のお祭りしてたから寄る🎵

 

そしたらそこにほとんどの人がまったりしてて、もはや大会やレース感は全く無くてイベントツアー的な感じ(笑)

豚汁やカレーなどそれぞれ頂いてのびのびと再スタート。

一回目の鉄平塾メンバーがソロで出てたんで、カルテットということでそれ以降は4人で進む。

すると初めてマイルドで出た時に間違ったロストポイントは分かっていたので、川を渡って急登へ!🗻

ここはのんびりした後のギャップでしんどかったけど、みんな登れるメンバーやったんで淡々と登る。

意外とあっさり登ったけど、今日は案外蒸し蒸ししてて結構汗かいたかも😅

そして、下りは倒木だらけで、もう完全に障害物コース!

 

めっちゃ走りやすいトレイルより、こういうレースやったらかなり得意かも

そのままいつまま一気に下って、最後の山の前にエイド。

そして、最後のゴール数百メートル前に最終エイド(笑)

お鍋やカレーや焼肉などと一緒にビールや日本酒をのんびり嗜み、ゴールまでのんびりと歩いてフィニッシュ🎵

そのあとは、終わるのが速すぎて暇すぎて、遠くやけど鴨川湯3キロほど走っていってゆっくりして、

バスで三条まで行って鴨川で1時間ほどまったり。
5時過ぎに打ち上げ会場に行っていろんな人と話せて楽しんだ\(^ω^)/

そして、もう春のトリオの交渉は始まってる(・∀・)(・∀・)

↓京都の山の地図なら

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ にほんブログ村

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください