fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

小寺晃弘選手のレース結果まとめ(トレラン界で旋風を吹き起こすランナー)

2019年11月09日
アイキャッチ画像
Pocket

小寺 晃弘(こてら あきひろ)は日本トップトレイルランナー目指している、大阪四条畷出身の1985年生まれの34歳のトップランナー。

◎選手情報

Freemax(フリーマックス)
Aminosaurus(アミノサウルス)所属
愛称は「ヒロアキ」

Facebook
Instagram

中学生で陸上競技中距離を始める。

中学ベストは、

3000m:9分57秒

5000m:17分47秒

19歳で今より15kgも太っていたため、ダイエット目的でランニングを再開。

20歳で初フルマラソン2時間47分を皮切りに、その後ロードレースで好成績を残す。

 

トレイルランニングも20歳後半頃から始め、かっとび伊吹で優勝など頭角を現す。

その後、比叡山インターナショナルトレイルラン(50マイルの部)優勝、六甲ファイブピークス(ロング52kmの部)優勝、残酷マラソン優勝、富士登山競争5合目3位など、ロードレースやトレイルランニングレースで数々の好成績を収めている。

 

 

小寺選手が撮影したYou Tube動画集も是非☆
トレランTVチャンネル

 蓬莱山下り登り動画

◎ベストタイム

5km:15分21秒

10km:31分34秒

ハーフマラソン:1時間08分24秒

フルマラソン:2時間27分51秒(泉州国際2013)

 

 

◎過去の主な成績

〇2012年

・かっとび伊吹
10km 優勝(1時間03分24秒)

〇2014年

・生駒チャレンジ登山大会
32km 3位(2時間25分44秒)

〇2015年

・トレイルランナーズカップ奈良
8km 優勝(34分40秒)

〇2017年

・熊野古道中辺路マウンテンランレース
18km 2位(1時間20分43秒)

・富士登山競走 (五合目コース)
15km 3位(1時間29分46秒)

・黒井城トレイルランニング
7km 優勝(36分14秒)

〇2017年

・みかた残酷マラソン
24km 優勝(1時間26分29秒)

〇2018年

・大阪府チャレンジ登山大会
36km 2位(3時間26分35秒)

・比叡山インターナショナルトレイルラン
50マイル 優勝(9時間26分29秒)

・生駒チャレンジ登山大会
30km 優勝(2時間12分50秒)

〇2019年

・KOBE・Mt六甲sea to mountainトレイルレース
21km 優勝(1時間45分03秒)

・かたのビックロックトレイル
20km2位(1時間55分06秒)

・かっとび伊吹
10km 6位(1時間06分10秒)

 

これからの益々の活躍を期待します☆

 

スポンサーリンク

 

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください