鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

2021年に必須の生活と働き方のエネルギー変換

2021年01月12日
アイキャッチ画像
Pocket

今日はビジネス月初ミーティングで年初めに刺激と密な情報が得られました☆

2020年は本当にコロナで始まり、コロナで終わり、、の年でした。

感染者が増えて緊急事態宣言だという報道もありますが、カラクリがあります。それは知ってる側になっていた方が安心して報道を見れますよね。

こういう情報を得られる場所や人の近くにいた方がいいですね。このような場所に誘っていただいた方、今いる仕事仲間、ここにいられることに感謝です。テレビでは言わないですから。だから僕は発信を続けてます。

新型コロナのPCR検査やワクチンに対して、厚労省の 新型コロナウィルス感染対策本部の保健局、医政局に、次のようなことを要望している団体があります。

「医療崩壊を防ぐためにも、PCR検査のCt値を下げ一定値に統一し、民間検査会社に行政指導を行い、偽陽性者を減らすこと。

また、(PCR陽性者=新型コロナ感染者 )

ではないため、感染者検査方法を至急確立すること。

各報道機関に対しても、視聴者の不安を煽る事のないよう、 民放連放送基準に従って「感染者」ではなく、「PCR陽性者」という表現で報道することを 総務省の行政指導により遵守させる。」

 

スポンサーリンク

そして、ワクチンの選択制と行動制限が、 かからないようにする。ワクチンに対する基本的情報(ワクチンとは何か?の本質)と副作用についてもちゃんと報道すること。その上で選択は個人の自由とすること。ワクチンは必ずしも感染しないわけでも感染させないわけでもないが、それで大衆の不安は減少することはあり得るため。

ワクチンは受けなければならないとか、受ける受けない人に対しての差別とか、その後の行動制限(受けてない人は◯◯出来ないとか)が無いようにする。

実際、新型コロナの収束とかコロナが落ち着いたら、って言うのは、コロナに対する報道次第だと思います。

今を大切にすれば未来は開ける!

僕達はそのことについて動かしたり決定に関わったりすることは出来ないので、自分のできることをし、そのできる幅、知る幅を拡げるしかない!

機械がダメだから苦手だからって逃げてちゃダメだ!出来ないのは最初から誰でも、知らない分からないのは誰でも。やれば変わる。学べば変わる。何事も。僕はそれを示したい!トレランなんてその僕の伝えたい一部でしかない。鉄平塾はトレランだけではない。

過去も未来も実際、目の前にはないのです。

過去も未来も自分の頭と心の中にしか存在しません。それを使ってそれを変えていくには今しかないのです!

今は脱石油、エネルギー変換が進められてます。僕の大学院時代の研究室はまさに「エネルギー変換科学研究室」でガスセンサの開発(前職も)をしてて、まさに最先端で学んでました。

いわゆる産業構造が変わろうとしています。シフトチェンジです。その刺激、キッカケを与えるために使ったのがまさにコロナやったのかもしれません。

日本トップのトヨタですら、車だけではないところを前から見据えて取り組んでおり、終身雇用制度はもはや不可能だと言っていました。

そして、人材育成のリクルートは定年退職した人はたった2人です。人材育成を繰り返しながら、その過程で学んだ社員は自分の力を付けて独立して新たなビジネスを立ち上げていくのです。旭化成やトヨタも実はそういう人が多いのです。

2020年からはその雇用や働き方に関して大きく変わりました。雇われや雇い主、個人事業主に関係なく、「自己認識能力」というのを高めると言うのが更に必要になってきます。就活の時にやりましたよね。

そういう人が結局強くなるのです。自分は何ができるのか、できないのか。そのために何をしてどんな自分を目指したいのか!

僕の2021年成し遂げたいことは、

・自分の店舗を創る

・2020年の事業収入を超える

・今年も家族でディズニーに行く

の3本です♫

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください