fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

天王寺七坂ランニングコース地図(夜の七坂を走るインターバル)

2019年01月24日
Pocket

大阪市の中心部に上町台地があります。

そこで行う坂を使ったランニングコースを紹介します。

その西側の谷町筋と松屋町筋は、高低差15mくらいの差があります。

その間で、南は国道25号線、北は千日前通りの間に「天王寺七坂」があります。

 

ここは昔ながらの仏教寺院が残っており、風情ある町並みと石畳の坂や階段があります。

そのアップダウンを活かして、一定スピードのペース走や、坂道のみをスピードを上げることでインターバルトレーニングとなります。

 

天王寺側(最寄駅は恵美須町、新今宮、天王寺)からか、千日前通側(最寄駅は日本橋、谷町九丁目)から、この七坂を一定のルートで往復すると、

往路は登りだったのが、復路は下りに、
逆に、往路が下りだったのは、復路は登りにと、
坂を両方から走れます。

 

逢坂⇔真言坂の片道ルートで3.5kmで往復すると7kmとなります。

累積標高は、往復で200m程です。

 

天王寺側の通天閣から天王寺公園を抜けて、逢坂から七坂を往復すると、下のようなコース図と標高差になり面白いコースが取れます。

 

 

今回は天王寺側の逢坂の下りから順に七坂+αのコースを紹介します♪

※注
天王寺七坂は道幅が狭く、観光客や住人に学生も多いため、土日の昼間など人が多いときは避けましょう。
必ず通行人がいることを確認して、ルールとマナーを守って走りましょう。
(お勧めは平日の夜8時過ぎ)

 

◎前半のコース図

逢坂→天神坂→清水坂→愛染坂→口縄坂

 

◎逢坂

※150m±7m

 

右折して松屋町筋を100mほど進み、右手の鳥居をくぐります。

 

安居神社を左折して突き当たりに天神坂があります。

この七坂の間の道には下のような石畳の案内盤があるのでそれを参考にして進んで行きましょう。

 

◎天神坂

※200m±10m

 

上りきったら左折して、清水寺の横を通り過ぎ、左に折れると清水坂です。

 

◎清水坂

※100m±8m

 

右折して少し進むと愛染坂があります。

 

◎愛染坂

※200m±15m

300mほど進んで左折すると口縄坂です。

 

◎口縄坂

 

下って松屋町筋から坂を見た方向

 

右折して松屋町筋を100mほど進んで右折すると学園坂です。

 

◎後半のコース図

→学園坂→源聖寺坂→公園坂→真言坂→生國魂坂

 

◎学園坂

※七坂には含まれない

※300m±10m

 

六万体交差点の信号渡ってすぐ左折して、突き当りを右折して西方寺の横を350m程真っ直ぐ進みます。

振り返ると逆走の復路では前にアベノハルカスが見えます☆

 

次の交差点を左折すると源聖寺坂です。

 

◎源聖寺坂

※200m±15m

 

降りて振り返ると

 

少し進んで右折すると公園に入ります。

階段を上ってグラウンドの右側へ進み道路に出て左折すると生國魂神社前を通過します。

 

少し下って生國魂神社の左角を左折し、北門前を右折すると真言坂です。

 

◎真言坂

※100m±50m

 

坂を下りて振り返ると

 

下寺長の交差点を左折してすぐの左の坂を進みます。

 

◎生國魂北門坂

※七坂には含まれない

※350m+18m(生國魂神社鳥居前まで)


案外これが一番長いのでキツい

 

そして、右折して公園に入ってグラウンドの右側を通り過ぎて、階段を下って行くと元の復路のコースにまた合流します。

 

あとは、今まで来たコースを逆走し復路を逢坂まで進みます。

このコースを使って、大阪市内でも坂練が出来ます☆

 

↓坂練習は疲れるので終わったらこれを♪


スタミナ切れを起こす活性酸素の発生を防ぐため、特許技術で低分子化された「オリゴノール」をツカレナインに配合することで通常より3〜4倍吸収されやすくなりスタミナ切れを防ぐことができ、明日に疲れを残さなくなります!

ツカレナインの効果は追い込み練で使ってみると疲労の抜けが早い

 

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください