鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

トレランの山を楽に登る方法と考え方を分かりやすく教えます

2018年12月02日
Pocket

トレイルランニングの登りを楽に登ることが出来れば、山を登ることが楽しくなりますね♪

それは、登山、ハイキングだとしても考え方は一緒だと思います。  

 

大会やレースでは、同じ標高からスタートして、同じ標高でゴールする場合は、同じ高さだけ登りと下りがあります。

その場合では、登りの時間は全体的に考えて平均的に7割の時間を要することになります。
(下りはたった3割程度)

ということは、結局は登りが強い、登りが速い人がゴールタイムを短縮出来るのですね。

だから、まずは登りを強く、速く登れるようにすることが大切です☆  

 

◎登りは蹴って登らない

一番大事なのはこれです。

登りの場合は、後ろの足を蹴るという学生時代の部活でやったような「階段ダッシュ登り」はダメです。

短距離の場合ではスピードが出せて速いのですが、無駄な力を使いすぐに消耗してしまい、長い時間は持ちません。
足は蹴るのではなく、上げるイメージです。

実際には、腹筋の下に付いている腸腰筋(ちょうようきん)から引き付けて、膝を上げる感覚です。

 

足を身体の真下の地面に着いたら、前の足は固定してその足に身体が乗ります。

この場合、足を置く位置や、体幹やバランスが重要です。

 

ふくらはぎを使うのではなく、足の後ろ側の大きな筋肉(お尻の大臀筋や太もも裏のハムストリング)を使って支えます。

すると後ろの足はフリーとなり、あとは前足を軸に後ろ足を腸腰筋から引き付けて前に持ってくるだけです。

そして、前へ重心移動して、また身体の真下に足を置く。この繰り返しです。

 

 

 

しかし、このように言葉で説明しても、実際に目で見てやってみないと分からないですよね。

Facebookで「鉄平塾」と検索すれば、実際にトレランに特化した講習をしているページがありますので、気になる方はページに参加して、イベントに来て生で見てみてください♪

 

さらに急登や登りの身体の使い方や考え方の続きはこちらから

 

登りのパワーや筋力を鍛えるには ↓

 

↓下りはこちら

トレイルランニングの山の下りを楽に下る速く降る走る技テクニックと考え方

登りでの筋肉疲労回復のエネルギーを効率よく取るなら

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

 

このブログを書いている鉄平が定期的に配信するメールマガジンがあります。

「健康」や「運動」をテーマの他様々な「コラム」や「雑学」、理論的な記事をあなたにお届けします。

ぜひ、お試しに下記より無料登録を♪

鉄平塾(teppeijuku) メールマガジン

 

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください