鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

代謝理論から考えた痩せる方法の考察

2019年07月21日
アイキャッチ画像
Pocket

まず、前提として、次のことがあります。誰でも分かる方程式です。

「摂取エネルギー - 消費エネルギー =余ったエネルギー」

これが身体に付くんです。

動物はもしもの時のために、身体にエネルギーを蓄えようとします。熊野冬眠とかそうですよね。
でも、今の裕福な人間には、そのもしもの時は特にないわけです。飢餓とか。

それなのに消費エネルギー以上に、余分なエネルギーを取り過ぎます。
そして、逆に言うと、摂取したのに消費しようとしません。

太る理由は単純です。

でも、太ったものを痩せるにはかなり困難です。それを今から簡単に伝えていきます。

◎太る原因になるもの

体重の主な物質は水、筋肉、骨、脂肪です。当然筋肉や脂肪が多いほど水分も多くなります。

骨は骨格の問題でなかなか変えられません。

筋肉はつけすぎたら重いけど、なさすぎるのも問題です。

残りはやっぱり体脂肪です。
太ってる人は特にこれの占める割合が多い。

 

脂肪は何からできるのか?

答えは糖質です。
分解されたブドウ糖です。

糖質とは主食のごはん、パン、麺などの炭水化物に、特にイモ類、根菜の野菜、そして、くだものに、あとは甘い飲み物とお菓子です。

これが特に好きな人は太りやすいし、病気にもなりやすいんです。

 

人間の構成する物質に炭水化物はほぼありません。
もともと必要ないものです。

人間は歴史的な進化で、それを取ったら、エネルギーに変えられるようになりました。

そして余ったら、糖質は、ブドウ糖、中性脂肪、体脂肪と身体に蓄えるようになりました。
これが体脂肪です。

 

◎太る組合せ

実は太ると思われがちな、肉や油だけをとっても太りません。カロリーは高くエネルギーにはなりますが、そのままでは体脂肪にはならず排泄されるだけです。

それらの肉や油と一緒に、糖質を取るから太るのです。

ラーメン、餃子、粉もん、麺類、丼ぶり物、ビール。
脂肪と糖ですね。

実は、餃子とビールは太るけど、ステーキとハイボールは太りません。

 

◎糖質の分解に必要なモノ

取った糖質をちゃんと分解して代謝して排出するのには栄養素が必要なんです。

ビタミンB1とか鉄とかクエン酸とか。

これらは肉や野菜や海草類、きのこ類、豆類に多く含まれています。

 

バランスのとれた食事がいいと言うのはそういうわけです。

朝にパンだけとか、昼にソーメンだけとか、夜にカップラーメンだけとか。最悪です。

 

◎具体的なダイエットの方法

案が得方と食生活と生活習慣を徐々に変えていかないといけません

一気に変えようとするから無理が働いて失敗します。

 

まずは、糖質代謝から脂質代謝に変えていかないといけない。

糖質をこれまで多くとってきた人は、糖質をエネルギーにしています。

だから、急に極端に糖質を減らすと支障が出ます。

 

だんだんと減らして、その代わり、タンパク質や脂質を含む、肉、魚、卵、チーズなどを取ります。

まずは、今まで余分だった、糖質を少しずつ辞めていきます。

 

次にすることが、いつもの主食を減らしていく。

糖質制限とは糖質をゼロにするのではなく、過剰分を制限するのです。

ご飯を食べ過ぎていない?
朝はパンに、昼破面に、夜はごはんおかわり。まずはそこを減らしていきましょう。

 

次に大切なのが、必要な栄養素を取る。

さっきも言った、肉や野菜や海草類、きのこ類、豆類です。

糖質を減らすと物足りなくなりますが、それをこれらで補います。

 

つまり、食べる量を減らすわけではなく、食べる種類のバランスを変えるだけです。

最後に食前の空腹状態で運動をする。

 

特に朝ご飯を食べる前、晩御飯を食べる前が効果的です。

空腹状態では糖質があまりないので、身体の脂質をエネルギーに変えます。

朝ランの20分以上の有酸素運動がいいと言われるのはこのためです。

 

そして、基礎代謝を高めるためには下半身の筋トレもいいです。

スクワット、ランジ、腹筋、重りを持ってラジオ体操など、ジムに行かなくても家で出来ます。

 

無理に食事制限しなくても、無理に運動しなくても、まずはこれくらいで徐々に痩せられます。

ただし、これを根本的に今までと変えることと、続けること。1週間とか1か月とか半年とか、そんなんじゃなくて、ずっとです。

ダイエットって短期間じゃなくて、生活スタイル、食事スタイル根本を変えないと絶対に成功しないんです。

 

↓ダイエット目的ならこちらも
低炭水化物ダイエット

ダイエットで糖質と脂質のカロリーを考えた具体的なやせる方法

 

ファンケルの「カロリミット」なら

 
Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください