鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

facebookフェイスブックの投稿記事を保存して後で読む機能と方法

2018年10月18日
Pocket

Facebookでタイムラインの投稿を読んでいると、膨大な記事量で全部読むのは大変ですよね。
 
そのため、リンク外の記事をFacebook上に保存して、あとで読みたい時に読む機能があります。
 
 
外で見ている時に外部リンクの記事を開くとデータ(パケット)量が掛かるため、
家に帰ってからwifiに繋いでみたいと言うこともあるかと思います。
 
 
また、Facebookには複雑なアルゴリズムがあって、個人のタイムラインに流れる情報は選ばれてるみたいです。
 
フェイスブックには複雑なアルコリズムがあります。よくチェックしてる友達やページ情報は上位に流れるけど、
 
あまりチェックして無いとかなり下まで行かないと見れなくなるみたいですね。
 
 
一度タイムラインに出てきた気になる記事だけど、今はじっくりと読む時間が無いから後で読もうとすると、
 
もう一度タイムラインを開いたらその記事を遡って下まで探すのでは、なかなか見つからなくなっています。
 
 

◎投稿を保存して見る方法

 
各投稿の右上にスマートフォンなら「・・・」、パソコンなら「を押すと、投稿を保存と出てきますのでそれを押すと保存完了です。
 
どこに保存されるかと言うと、スマートフォンなら右下の「を押すと「保存済み」と言うのが出てきます。
 
 
それを開くと今まで保存した一覧が出てきます。
 
 
その中の見たい記事をクリックすると、保存した投稿が読めます。
 
 
パソコンなら、左の列にある、発見の下の「保存済み」というところです。
 
 
スマフォの場合は、見たい動画があるけど、外なのでデータ量が掛かるから家に帰ってからwifiに繋いでゆっくり見たいってことがありますよね。
 
こういう時にも、その動画を保存しておくことが出来るので便利です。
 
僕のブログをフェイスブックでシェアしているけど、文章がかなり長いのでまた時間がある時に見たいと言う時も、この保存機能が使えますね。
 
 

◎投稿を固定する方法

 
タイムラインを上から下までず~っと見ていっている途中で、手を離さないといけないことになった時に困ることがあります。
 
それはまたフェイスブックを開いた時に一番上に戻っていること、、、
 
 
こうなると、さっきまで読んでたところまでまたタイムラインをさかのぼって下まで行かないといけません。
 
そこで、そんな時に応用できる技があります。
 
 
先ほどと同じように、今まで見た投稿のとこで「・・・のとこを押して、サブ画面を開きます。
 
 
そして、この状態のままスマフォを閉じておきます。
 
そうすれば10分程度であれば、次に開いたときにその画面で固定されており、その投稿からまた見ることが出来るのです。
 
 
限られた24時間という中と、通信データ量を考えると、投稿を読む選択も大切です。
 
この機能があれば、またあとでいつでもじっくり読みなおすことが出来るので、これは便利で多用できますね♪

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください