fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

植物は何でできているのか?構成する主成分の元素と材料物質

2018年09月18日
Pocket

人間の構成物質はおよそ、水60%、タンパク質10%、脂質10%、ミネラル5%、炭水化物は1%以下です。

植物は?って気になりましたので、勉強し直してまとめてみました。

スポンサーリンク




◎人間の構成元素は

ちなみに人間の構成元素の数は水素Hが一番多いけど、重量比にすると酸素Oが一番多いです。

これは6割が水H2Oから出来ているってところからきています。

Hの原子量はOの2倍だけど、
OはHの16倍の重量です。

あとはタンパク質や脂質(炭素Cと窒素Nと酸素O)と骨(リンPとカルシウムCa)が多いです

ちなみに炭水化物(CとHからなる化合物)の割合は1%ほど。

だから、
そんなに炭水化物は取らなくても良いのだ。

 

◎植物の構成物質は

植物はそれとは違って、水以外の残りは炭水化物(セルロース)25%ほどで構成されている。

食物繊維と言われる炭水化物の一種。

だから、
実は野菜も炭水化物や糖質が多かったりする。

つまり、
植物って炭素からなる有機物質なんですね。

反対に人間は無機に近い。

有機っていわゆるオーガニックで、

一般的には「人工肥料を使わず自然に育った」って意味ですけど、

機って炭素Cのことで、無機か有機かは、
それがあるかないかなんです。

スポンサーリンク




◎植物が育つメカニズム

じゃあ、植物は自然にどうやって育っているのか?

必要なのは炭素C酸素O水素H窒素Nとあとは微量ミネラル電子e-

理科で習ったように、空気中の二酸化炭素CO2太陽光と地中のH2O電子e-光合成をおこなって、骨格のセルロース(CとH)や細胞の葉緑体(H2Oと、C、N、O)を作ります。

窒素Nは空気中からは吸収できないため、地中の養分(窒素有機物)から取って、他のミネラルとともにいろんな機能を持たせます。

ちなみに花がいろんな色を出すのは、色素と言ういろんな有機化合物と水素イオンH+とミネラルのバランスで決まります。

それは植物のDNA(アミノ酸の中に記録されています)

植物ってすごいですね~☆

人間はもっとすごいんですけどね。

 

◎まとめ

「植物の成長に必要なもの」

結局、何が必要かっていうと、

「太陽」「空気」「水」「電子」「タンパク質(窒素と酸素)」「ミネラル」

これは人間も必要なモノ。

だから、土に繋がっている雑草はアスファルトの間からも生えてくるけど、

土から切り離されて植木鉢に入れられた植物は育ちにくい。

そのことも人間も一緒のことですね。

そして、余計なものが加わると不具合を起こす。

自然の摂理ってすごいですね~☆

土に芽を下ろし、

風と共に生きよう、

種と共に冬を越え、

鳥と共に春を歌おう。

どんなに恐ろしい武器を持っても、

沢山の可哀想なロボットを操っても、

土から離れては生きられないのよ。

by シータ(天空の城ラピュタ)

スポンサーリンク




 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マグマオンセン 別府 海地獄(15g*21包)
価格:1379円(税込、送料別) (2019/9/16時点)

 

このブログを書いている鉄平が定期的に配信するメールマガジンがあります。
「健康」や「運動」をテーマの他様々な「コラム」や「雑学」、理論的な記事をあなたにお届けします。

ぜひ、無料でお試しに下記より登録を♪

鉄平塾(teppeijuku)
メールマガジン

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください