鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

トレイルランニングの捻挫対処と復帰 捻挫しにくい走り方と予防

2018年10月02日
Pocket

僕はトレイルランニング(トレラン)5年くらいやっています。

でも、最近、トレランやってから捻挫が重症化しなくなってきました。
 
 
捻挫をしないためには、身体の使い方や、着地の仕方、足首のトレーニング、など色々と予防の方法があります。
 
捻挫をしない、もし、しても重症化しない走り方、を考えていきましょう♪
 
 

◎捻挫をしない走り方

まず一番初めに、「捻挫しないような走り方」を身に着けることが重要です!
 
 
子どもの時は、捻挫をよくしてて重症化してましたけど、最近は捻挫をする瞬間に?
すぐに飛ぶ?逆足をすぐ着く?反射的にそうしてます。
 
 
足が地面に着いている設置時間を出来るだけ短く、片足に乗る重力を出来るだけ軽くする走り方が大切です。
 
設置時間や片足に全体重の重力が掛かるほど、捻挫しやすく重症化しやすくなります。
 
 
それに、足首ではなく腰より上、骨盤から胸を「重心に意識してるから、脚下のぐねりは軽くて済みます。
 
 
 
走りが重い、怪我が多い、後半落ちる人は、重心が低い気がします。
 
走る基本としてやっぱり、重心を高く保つ事は重要なんじゃないかなと思います。
 
意識的に肩辺りを重心に持ち上げて、足先は軽くさばいて走る感覚がトレイルランナーの走り方っぽいですよね。
 
 
続いては、捻挫したらどうするか?
捻挫しないためにどうするか?

について詳しく更に書きました。

 

スポンサーリンク

 

 

このブログを書いている鉄平が定期的に配信するメールマガジンがあります。
「健康」や「運動」をテーマの他様々な「コラム」や「雑学」、理論的な記事をあなたにお届けします。

ぜひ、無料でお試しに下記より登録を♪

鉄平塾(teppeijuku)メールマガジン

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください