鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

鉄平のトレランの装備やギアとスタイルのこだわり

2019年05月20日
Pocket

普段着スタイル?抜け人?とでも言うのか、トレラン始めた頃からずっとこのスタイルでやって来ました

たまに、なんでそんなカッコなん?と聞かれると少し答えたこともあります。付き合い長い人は多分知ってると思いますが、今一度ここでまとめてみたいと思います(笑)

キッカケは、2014年のトレランレース(京都トレイル嵐山~静内)に初めて出る時。
マラソン上がりなんで、もちろんちゃんとしたギアは最初から何も持ってない。

ザックが必要と知って三宮のダイエーのスポーツショップに行くと、どれも1万前後する。
もったいない!と思い、スポーツデポを物色していると、行楽コーナーに子ども用のリュックが!
しかも、980円!これでいいか!ペットボトル入れる網も2つ横についてる、と購入したのが今でも使っている有名なあの青い子ども用リュック(笑)

それだけで、ほぼ1年ずっとランウォークの部活もレースもイベントもしてた

それがキッカケであって、あとは後付けでいろんなこだわりや理由があります。

・覚えてもらいやすい
あのリュックの人?甚平着て走ってた人やんな?普段着で走る速い人?
とよく声を掛けてもらえます。

・他と似たようなカッコをしたくない
被りますが、みんなトレランは似たようなカッコになります。その中で普段着と言うのは逆に他と違って印象に残りやすいから面白い。
電車でも一般の人に溶け込んでいるのでランナーだと分からず目立ちません。

・お金をかけたくない
もちろんそれが一番です。趣味ですが、お金をあまり掛けずとも楽しんでいます。
だから家にあるものだけでなるべく済ます。それが原点。
あの甚平も、最近履いている水着のパンツも、トレランのために買ったのではなく、夏祭りとか海用にイオンで買ってたもの。通勤用緑リュックも、それをトレランでも併用しているだけ。
 
・ギア1つで、ギアが良いモノでも、速さは変わらない
良いザックをしたとしても、良い時計をしたとしても、良いシューズを履いても、そこまで速く走れるわけではない。
結局は自分の身体、練習勝負なんです!
 
・1分1秒まで争うトップ選手ではない
確かに100m走、自転車、ウインタースポーツなどのトップ選手はコンマ何秒を争うためには、やはり最後はギアにこだわります。でも、僕はただの趣味、遊びの延長。そんなに速くなる必要もないのです。
だったらギアも高性能を求めず、トレランを楽しめたら遊びでいい♪
 
・速そうに見えない
速い人はやっぱり速そうなギヤと恰好で決めて、速そうに見えます。
僕はそれを出しません(笑) ギャップです。普段着でロードシューズでも入賞とかできる☆そんな感じでいろんなこだわり持って普段着スタイルやってます♪
そうやったんや~、やっと分かったって思った人も多いかな(笑)

スポンサーリンク


とは言ってもギアを買うランニング系のスポーツネットショップなら

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください