鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

ラグビーワールドカップ日本代表の講評(決勝トーナメント進出)

2019年09月20日
Pocket

いつだったか?
神戸のみなとのもり公園で?4年後に日本でラグビーのワールドカップが開催される!と知って震えたのは!

ラグビーは昔から好きで、高校、大学、社会人と、
特に東福岡、大阪勢の高校、天理大、早稲田、帝京、そしてなんと言っても地元神戸製鋼!

でも、そんな人らが集まった日本代表は世界の国にボッコボコにやられた世界大会で唖然とした。
世界は凄いこと、イギリス勢、オセアニア勢、まさにラグビーをやるために産まれてきて生きている存在!

そんな中、記憶にも新しい、南アフリカのあの死闘!
あれは生のテレビで見て興奮した!
右サイドに突っ込もうと見せかけ、左に飛ばしてロングパスからの斜めに切り込みトライ!

日本中が湧いた!
いや、そうでもなかったんだと、ほかのスポーツと比べてラグビーの認知度や熱気とファンの少なさ。

ボクシングに似て、男同志の野蛮なスポーツのイメージが強い。
力でぶつかり合い怪我が多くて体ボロボロになるまで闘う。
サッカーやバスケでは絶対反則になるような、身体を掴むとか押し倒すとか、ボールを手で掴み取るとか、そんなプレーが許されるからこそ、テクニックだけでなく本気の身体と身体のぶつかり合い、気持ちとそれまでの練習勝負!

なんのために?
と言われたらそこまで。
人が真剣にしていることに、したこと無い人が軽く口を割っていけない

ワンフォアオール、オールフォアワン。
1人はみんなのために、みんなは1人のために。

ノーサイド。
本気のしのぎを削る熱い戦いも、試合が終わりサイドを割れば、敵味方関係なくみんな同じものを目指してきた熱い仲間。

ルールがよく分からない?
分からないから面白くない?

最初は誰も何も分からない、一緒だ。
それを見て分かれば面白い、こんなに歴史があって奥深いルールで熱いスポーツはなかなかない!

1人では前に向かうが、ボールより前で他の人がプレーしてはいけない。
でも、下がって前へ向かう!下がって前へ向かう!
一本下がって二歩進む!

みんなで固まって力を合わせて相手を押して前へ向かう!
展開を打開するため一気に前に蹴って相手次第で前へ向かう!

結局、チームみんなで前へ向かうという共通認識は一緒だ。
ラグビーは簡単だ。
前にボールを運ぶだけだ。

ただ、その過程がとても面白いスポーツだと思う。
このラグビーを日本でやっている。
そして、開幕戦、ロシアに勝った!

そして、世界トップクラスのアイルランドに勝った!

そして、最後は因縁の相手スコットランドに死闘の末、大勝利!

これからあと優勝まで3戦!
世界との戦いを、日本の強さを見せて欲しい。

 

スポンサーリンク


Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください