鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

人口減少した先にある日本の未来の生き方

2019年12月07日
アイキャッチ画像
Pocket

今はまさに少子高齢化!

前から分かっていたことだけど、より顕著に。

 

人口減少してやばい!
経済成長が止まる!

と焦ってもそれは僕らにはどうしようもないこと。
そういう流れなんだから。

 

そもそもこの狭い日本の山ばっかで平地が少ない土地で、無理やり住んできたんだと思います。

人口減少したら当然稼ぎ手が減る。そうすると経済も縮小し、物価も低くなる。

 

今までは人口が増えて、若者が多くて稼ぎ手があったから、当然経済成長してきた。

経済成長ができたのは、いろんなところで金利を上手く使ったから。

 

金を先に借りて投資して、金利分の収入を得続けたから、借りる方も貸す方も全体的に経済成長する。

昔は銀行に現金を預けておくだけで勝手にお金が増えた。
けど、今はそうではない。

 

この金利があったから、貧富の差も環境破壊も病気も戦争も増えた。

魚を取りつくし、養殖しては枯渇し、家畜を大量生産し、
卵や肉をたくさん流通させ、大量の安いグルメを量産して、
川を汚して森を切り倒し、有毒ガスをまき散らし、、、

 

今、何が残ったのだろうか?

 

これからの時代経済成長はもう見込めないです。

 

それじゃあ僕らはいったい何に希望を見出せばいいのか?

本当に裕福なものはお金や物や便利さや快適さだけではないはずです。

 

このいまの人口減少と経済縮小は、僕らに与えられた価値観の転換期だと思います。

これからも金の奴隷で裕福な生活のため我慢をするか、

 

限りあるもの、本当に価値のあるものを大切にするか。

これからの生き方が大切だと思います。

 
 

 

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください