鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

お金や裕福な生活が幸せとは限らない

2019年12月10日
アイキャッチ画像
Pocket

震災やキャンドルナイトから教わったこと。

子どもたちに伝えたいこと☆

便利なことがどれだけ良いのか?

今やスマフォでポチッとすれば翌日に玄関まで商品を届けてくれる

顧客は求めた。

早くて、便利で、正確で、高品質で、より良いサービスとアフターフォローを、低価格で!

その代償に企業は低コストで少ない人材で切り盛りしようと努力した!

社員は頑張って切り詰めて働き、朝は正確に来る通勤電車に揺られて遠くまで、昼食も夕食もままならないまま、家族との時間をかえりみずサービス残業。

なんのためにここまで働いているのか?

見直してみよう。

僕らはそこまでは求めなければいい。

そんなに早くなくても、そこまで便利でなくても、ある程度正確であれば、それなりの品質で、ちょうど良いサービス、それなりのアフターフォローを、ある程度適正な価格で♪

お客さんが早く正確に安く求めるから、また連鎖して僕らもまた下請けに早く正確に低コストで!と求める、、、

生活も無理して切り詰めて大きな家を買って、その為に一生懸命働かなくても、
あるいは、色んな便利で高品質なモノで沢山囲まれてなくてもいいんじゃないか?

そうすれば、働く人々みんなも、僕らもそんなに切り詰めて働かなくても、定時に帰宅して家族との友人との大切な時間を過ごす時間に費やせるのでは無いのだろうか?

自分たちの求めるもので、結果自分たちの生活を苦しめているのではないだろうか、、

頼んだものが、明日来なくてもいいじゃない。

少しくらい見た目が悪くて欠けててもいいじゃない。

もっと心を大きく余裕を持って過ごせれば、みんな余裕が出来て、モノで裕福じゃなくて、心も裕福になるんじゃないのかなぁ~(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください