鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

なみはや大橋ピストンランを朝潮橋からテルメ龍宮温泉を経由して

2020年02月23日
Pocket

大阪市内では歩道がある橋としては最大級の高さと長さを誇るなみはや大橋

港区の海岸通と大正区のIKEAのある鶴町を繋ぐ約1.5キロの橋となってます。

それを往復してピストンするという練習を仲間の山本ワールド主催で行ってきました♫

 

◎朝潮橋からテルメ龍宮まで

環状線弁天町から乗り換えて地下鉄大阪メトロの中央線で朝潮橋まで

そこから約800m徒歩12分程度で途中の「テルメ竜宮」という天然温泉に行けます。

 HP

ランナーの場合、着替えや補給などの荷物がどうしてもネックになりますよね。

そこで、走る前にいらない荷物をいったんお風呂屋さんのロッカーに置いておけます。

ここは450円で安くて、途中にあるのでとても便利です。

↓紹介
朝潮橋近くにある天然温泉テルメ龍宮は安くてバラエティ豊富

 

番台のスタッフに「荷物だけ預けて、走ってから戻ってきてからお風呂に入ります」

と言えば、中で荷物を置いて、ロッカーのカギを閉めてからもう一度挨拶して、戻って来てから鍵を見せれば入れます♪

 

◎テルメ龍宮からなみはや大橋を越えてIKEAまで

テルメ離宮からは今度はなみはや大橋を越えてIKEAに向かいます。

 

 

最初の登りの取り付き部分にきました。

右の車道は自動車専用となっており、自転車や歩道は左奥の陸橋側へと進みます。

 

最初の陸橋は角度がきつく、実はここが一番きつい登りとなっています。

 

往復は手前の交差点からか、この坂の取り付きから始めます。

 

滑り止めのある急な坂の歩道橋が終わり、横の車道と平行になった歩道を登っていきます。

左側を見ると梅田のビル街が見えます。

今日はとても気持ちの良い青空と日差しが差し込んでいました☆

 

一番頂上付近から今度は下りに入っていきます。

 

下りを進んで行くと下の右側にIKEAが見えます。
(その手前には東京インテリアも)

 

下って来て後ろ側を振り返ると今まで登って降りた、なみはや大橋が見えます。

橋は途中で右へ45度ほど曲がっています。

 

◎IKEAで休憩、補給

最後も車道と別れて滑り止めのある歩道橋を降りてから、車道の下をくぐると東京インテリアがあり、さらに進むとIKEAがあります。

 

IKEAには自動販売機とトイレと飲食店があり、ここで走る前や途中と走り終わってから休憩や補給ができます。

 

◎2時完走で6往復21キロ

IKEAから正式にスタートしてここから2時間でできる限り往復を繰り返すという時間走練習をしました。

 

一番頂上から東側を望むと遠くにあべのハルカスが見えました☆

 

ちなみに、一番頂上の歩道の下には、マークがあり何かの柄が描かれていました。

 

一番下まで行って、交差点で折り返してまだ登って100mくらい行った車道の一番降りたところで折り返しと繰り返しました。

登戸下りの足の切り替えのため少し平地を走っていましたが、
途中からは、平地を走らずに下りの坂が終わると、すぐに折り返し登って行きました。

これで下ってきた後すぐに登りの足に切り替えるのでかなり普段がきて、トレランのアップダウンの練習にもなります。

 

結局、アップダウンを永遠と繰り返し6往復で約21キロ走り切ることができました。

 

そして、IKEAでトイレと補給をして、テルメ離宮までまた戻り、前後含めて合計26キロも走ることができました。

※地図参照

https://www.mapbox.com/about/maps/
https://www.openstreetmap.org/about/

 

 

アップダウンを標高の高低差図で表すとこんな風にギザギザと14個の山の永遠の繰り返しになりました。

 

ここは大阪市内でアップダウンのロードの練習をするなら距離的にも、高低差もありとても練習し甲斐がある場所なのでぜひこれを参考に走ってみてください♪

 

 

スポンサーリンク

 

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください