鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

食べることは人を良くするのであって健康的なことは自然に近い事

2021年04月10日
アイキャッチ画像
Pocket

2021.4.8記
 
今日は淡路島で実際に自然栽培農業をしている農家さんと、農業と医療、健康のセミナー☘️
 

◎日本の健康保険ではなく医療保険

 
日本の医療費は莫大で、国民一人あたり平均33万円/年(国民所得の10%)
三割負担とか高額医療保証が成り立つのは、他の人が分担して払ってるから。
 
それが医療や高額な治療や無駄な病院通いと薬が減れば根本的に解決するのではとも思います。
 
 
さらには日本の病院の70%が民間で、社会保険で医療財政を公的に運営しています。
その割に、国からの要請にはなかなか従わず感染症対策用病床数が少ないから日本は困っている。
 
テレビで煽っていることだけではなくて、本質、現実をしっかり読みましょう⤴️
 
 
根本的原因を正しく見れば、世の中て起こっている不条理なことも解決していくはずなんです。生活習慣病、ガン、ウイルス感染症、アレルギー。
ガンもアレルギーも、なるべくして起こる身体の正常な反応。
 
その与える異常な原因が分かっていれば、根本解決できます。
その話を僕のお店で伝えたい一番のこと。
医者でもないし、ただ美味しいものを提供するわけでもない。けど、本質は食や運動を通じて健康とは何かを伝えられます☆
 
意外と今まで正しいと思っていたことが間違えていて、その本当の摂理に気が付くこともあるかと思います。
 
鉄平塾での山の登り方や降り方は、今までこれで良いと思っていてやっていたことと真逆の事を伝えたりしていますが、そちらが自然の摂理に乗った効率的なことかもしれません。(来たことある人は分かると思います)
 
 
ベトナムの農家さんは「なんで日本の農家は肥料や農薬を使うんだ?」と聞いてくるみたいです。自然に育つじゃないか☘️
 
 

◎食べることは「人」を「良」すること

 
それは食べる物が、口に入るまでにいかに自然のままか?が重要かと思います。
矛盾的な気がしますが、人工の手が入れば入るほど、人を良くするものにはなりません。ワクチンも薬も食べ物も何でも。
 
何故?人間が牛の子供のための牛乳を飲むのか?
乱発で産ませる環境を作って出来た大量生産の鶏の卵。
白くて甘いものが美味しいからと精製して栄養素を研ぎ落としたご飯や麺類。
 
人工的に作られた動物性タンパク質(ホエイ、カゼイン、プロテイン)は取り過ぎると身体に悪いのは当然。
 
 
糖質や小麦グルテンを取り過ぎると腸内細菌がおかしくなります。
そして、糖質はガンの餌でもあり、様々な血液疾患の原因でもあります。
 
血は骨髄からだけで作られるのではなく、腸から主に作られます。骨髄バンクは本当に必要なのか?
 
体質は細胞や腸内細菌の質であり、生まれつきや遺伝では無いのです。
細胞や腸内細菌の質は食べたものと血液の質で決まります。
病気は遺伝するのではなく、小さい頃から家族と同じものを食べるから体質が似るのです。
 
「子どもは親も食べるものも選べない」
 
そして、糖質制限はダイエットのためにするのではなく、病気にならないためにするのです☆
 
そういう自然ではない食べ物は自然の摂理に反しているので、人間が食べると、アレルギーやガン、ウイルス感染症、アルツハイマー(痴呆)になります。
 
 

◎病気になる原因は粘膜が弱っているから

 
その原因は人間を本来守っている粘膜の欠如です。口鼻喉や胃腸には粘膜で守られています。マスクや薬やワクチンでは無く、まず見るべきは自分の粘膜です。すぐに外部のモノに頼っていては、自分の内部が弱くなるだけです。
 
粘膜にウイルスの死骸が引っ付いているだけで、PCR検査では陽性となってしまいますが、感染するわけではないので感染者ではありません。
 
それに、細胞内に入って増殖して初めて感染するので、粘膜で守られてたら当然無症状なわけです。
だから無症状な人が大量にウイルスをばらまくことは無いのです。
健康な人は本当にマスクが必要なのでしょうか?
改めて考えてもらいたい疑問点です。
 
当然風邪を引いたり、体調が悪ければマスクをすればいいし、無理せず休んで自粛する必要があると思います!
 
 
皮肉なことに、不安になるほど、人工的なもので自分を守るほど、感染しやすいし病気になりやすくなるんです。
 
病は気から。
 
 
「どうやったら速く走れますか?」って日本一速い大迫選手に聞いても、的確な答えは返ってきません。
 
「どうやったら痩せられますか?」も「どうやったら健康になりますか?」も同じことで、基本の本質を知った上で、それを確実に長期間、実行し続けなければ成果は出ません。
鉄平塾ではその基本の本質を伝えています。
 
 

◎もっとも健康的な本質なことは「自然なこと」

 
自然界には全ての栄養素がバランスよく整った動植物があり、それを丸ごと食べることが自然なのです。
全てには意味があるのです。
 
雑草という草はない。全てには意味があるのです。
 
栄養分を取られるのではなく、「命の鎖」、逆に色んな連鎖から栄養を与えてくれているんです。
 
雑草が生えていたら野菜がかわいそうではない。野菜に肥料を与えないと可哀想ではない。
自然界に反していることが可哀想なのです。。多様性。一物全体。
 
速く楽に走る方法も人間の身体の構造に自然に習った効率的な基本の動作が本当に大切なのです。
ほとんどの人が間違っているかもしれません。見たら分かります。
 
我武者羅にとか根性、努力では無く、物やギア、装備に頼るのではなく、人間の本来の機能を正しく働かせれば良いのです🏃🏻‍♂️
 
人間だけが自然界に反しているのです。
本来は、人間も自然の摂理の一部なんだと。
 
 
ウイルスにビビって行動を制限されているのは人間だけです。鳥は今まで通り自粛せず飛んでいるし、山にいる猿の集団は食べる時だけマスク外さないし(笑)、うちの猫もいつものように手も洗わず除菌せず餌を食べて庭の芝生で昼寝してます😸
 
ウイルスによって制限させられて、使わされているもの便利なものに経済は転換させていっています。
 
サウジアラビアの世界一の石油企業の社長は「今後脱石油社会になる」と言い切りました。
それによって余ったプラスティック製品は今しかないと使う理由を作って、大量に出来ましたし、今までタダだった袋もお金を取るようになりました。
 
気が付いている人は気付いているはずです?今の世の中が不条理なことを、自然ではないことを。
 
できるならば自然に近いことを自然の中で育むことを僕は子どもたちに伝えていきたい☘️

 

スポンサーリンク

 

 

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください