鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

子どもの不妊や生育には親の栄養状態が影響を与えるため妊活が大切

2018年09月28日
Pocket

最近分かってきたことですが、生まれてくる子どもの発達障害(注意欠陥・多動性障害等)は、

親の栄養状態に影響する可能性があるみたいです。

遺伝とか突然変異説も昔からありますが。

最近、増加傾向にあることや難民地域で多いのには何か関係がありそうです。

 

 

◎鉄や葉酸による栄養素の欠如

その栄養状態とは水銀や鉛、食品添加物による影響も大きいですが、
不足も一因にあるようです。

最近では鉄の他にも葉酸も有名になってきましたよね。

鉄が不足すると酸素がうまく回らないため、
酸欠状態となり神経系や脳に影響を与えます。

妊娠時の栄養も当然のことながら、
生まれてから離乳期から離乳食での鉄の不足が、

認知能力、運動発達、社会性や情緒発達に影響を与える可能性があると言われています。

 

◎母体の栄養状態がかなり重要

また、母体の栄養状態が悪いと、低出生体重児や神経、精神の発達の遅れが生じやすくなる傾向があるようです。

なので、生まれた後の十分な栄養補給が大事でありますが、
胃腸が弱いこともあり小食偏食になりやすいです。

さらには、糖質やお菓子中心の摂取になるとさらに悪化します。

質の悪い肉や加工食品などのホルモン剤も身体に栄養を与えます。

小児期のアレルギー系の症状は栄養不足と糖質過多による影響が強く、

これは大きくなっても体内に残りなかなか改善できないので注意が必要です。

 

◎鉄不足が起こると何が起こるのか

鉄は、赤血球合成に必要ですが、それ以外に、
神経伝達物質であるセロトニン、ドーパミン作成の際の補酵素となります。

活性酸素や糖質を分解するため、ミトコンドリア膜にある電子伝達系(エネルギー活用)にはが必須なんです。

 

他にも鉄不足は子どもの成長期の顔(特に顎や歯並び、鼻腔)の骨格に影響があるようです。

だから生育時の子どもの食育は本当に大切なんですね。

うちも、この事実を知って一理ありなんで、これからも子どもの食育には大切に考えていかないといけないと思いました。

不妊には栄養素不足が大敵。

◎サプリメントと言う新しい妊活

最近の不妊の学会で注目の最大テーマは、

【卵子の年齢】と【男性不妊】

のようです。

現在の不妊治療では、検査でも特に問題はないと診断された、「30代後半から40代女性」を対象とすることが多いみたいです。

そこで、盲点となっているのが、

【アンチエイジング】と【男性の妊活】

が大きな関心事になっている、という医師達の話があるようです。

テーマは体外受精など、病院での高度生殖医療と合わせて、

漢方、鍼灸、栄養療法、そして、サプリメントなどの「統合医療」に関することでした。

不妊分野では数年前までは、栄養やサプリなんて必要ないと専門家も言われていました。

しかし、晩婚化、晩産化が進んでいる今では、【卵子の年齢】と【男性の妊活】をサポートする栄養、サプリも当たり前と新しい常識になっています。

そこで、妊活・不妊治療の専門家の2大テーマ

「卵子の年齢」と「男性不妊」に対応した【大人の青汁】があります。

学会の展示でも多くの医師や培養士さんからも、

「これはイイね!」

「青汁?これならストレスなく男性もできる」

「うちでも紹介するよ!」などなどと、

嬉しい声を多数、頂戴しているみたいです。

 

↓その医師もオススメするサプリメント

★不妊専門クリニックで1万人以上の妊活夫婦と向き合い、
導き出した青汁タイプのミトコンドリアサプリです。

★不妊関連学会の出展や不妊専門クリニックでも紹介されています。
★不妊クリニックに通う方・妊活中の女性が選ぶ【妊活サプリ人気1位】に選ばれました。

支持される理由があります。

★「卵子の老化」「精子の質」の原因である【ミトコンドリアサポート成分W配合】。
★不妊専門医も着床サポートで着目するビタミンDを新配合。
★赤ちゃんを迎える時期に必須の【モノグルタミン酸型葉酸600μg】強化
★授かるカラダの土台を支える【ビタミン10種、ミネラル14種、アミノ酸18種】
★男性の活力、女性のめぐりに【L-シトルリン1200μg、亜鉛10mg】

発売開始から既に1万人以上の方にご利用頂いている大人の青汁が更にパワーアップしました。
大幅にパワーアップした
【青汁で妊活!夫婦で妊活!】【青汁タイプのNO.1ミトコンドリアサプリ】
を引き続きどんどん紹介してください!

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください