fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

子育て方法手法スタイルや悩みや対策などが今と昔の違うところ

2018年12月17日
Pocket

昔の昭和の時代に言われていた、子育ての方法などは今では違っていたりします。

昔は核家族で代々十ぼ嗚呼ちゃんとかから、こうするといいのよっていう感じで教わっていたことがありますよね。

今ではその方法もだいぶ見直されて違ってきていることが多いので注意が必要です。

◎出産後すぐの沐浴

昔は生まれてすぐにも助産師さんやおばあちゃんが、丘ちゃんをお湯に入れて沐浴をさせていました。

でも最近の病院では、体温低下、皮膚のバリア機能を保つため、沐浴はせず拭くのみが多くなってきています。

◎母乳とミルク

本来は確かに、母乳こそ自然な育て方なのですが、これはどっちがどっちと言うわけでは決してありません。

母乳が出ずに、必要量の栄養が取れないのも困ります。

また、ミルクだけで育て続けるのも、スキンシップや母親の体内の色んな独自の栄養素、細菌等も、初期の身体づくり、免疫づくりに大切なものとなります。

最近のミルクは考えられた栄養素を豊富に含んでいるので、栄養補助的にもいいかもしれませんね。

◎日光浴

赤ちゃんは肌が弱くて、太陽光に充ててはいけないと言われていましたが、今ではある程度、外気浴をして自然の太陽を浴びることが大切です。

紫外線の予防をし過ぎると、紫外線に強くなることやビタミンD不足から免疫力が弱くなります。

◎抱き癖

昔は抱いてばかりいると抱き癖が付いて、親離れするのが遅くなると言われていましたが、出来る

なら泣いたらすぐに抱っこする方が良いですね。スキンシップ重視で、親離れするのが遅くなることは決して悪いことではありません。

抱かれずに泣いて放置される方が、乳幼児期の心に傷を得ます。

◎離乳食

昔は速く離乳食仕様と3カ月くらいでしたが、今では100日と言うこだわりも特になく、開始時期ゆっくり様子を見てがよいですね。

親が食べ物をかみ砕いて与えない方が、大人の虫歯菌が移るので、ゲル状に調理した物から与えるのがいいですね。

そして、食べるものが固定されてしまうと、必ず栄養素不足になるので青汁などで不足分を補わなければなりません。

 

 

◎白湯・果汁

昔はお風呂上がりなどは水分が不足しているからと白湯を与えていたりしていましたが、特にこだわりなく、母乳やミルクを与えればいいです。

果汁も与えたりは今はしません。

◎アレルギー・予防接種

昔は少なかったが、現在はかなり増えてきています。それは親の糖質過剰の食生活が母乳を通じて栄養したりしている可能性もあります。

予防接種も、受けなければならないから、ではなく、本当に必要なモノかは親自身が判断してなるべく受けないことが自然です。

◎洋服

寒いからと言って、着せすぎない。なるべく薄着。かわいそうだからと言って、暖房器具をつけすぎない。

発汗作用や能力は子どもの時の生活環境で決まってしまいます。なるべく、身体の調整機能を発達させるようにしたいですね。

◎歩行器

昔は、枠が付いた歩行器につかまり立ちさせて、歩かせる練習なんかをしていましたが、今ではそれは論外です。

赤ちゃんは、ハイハイによって身体(肩甲骨、股関節など)の機能や筋肉を充分に使ってから、ゆっくりと時間を掛けて立つ訓練をしていかないとバランスがおかしくなります。

 


ノビルンフルーツ青汁を子供の野菜嫌いにまとめて気軽に栄養吸収





スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください