fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

生きるとは、なんで生きているのかを考え続けるために生きている

2018年12月08日
アイキャッチ画像
Pocket

人生長らく生きてきて、途端に、

「なんで生きているのか?」

と、ふと考える場面に陥ることがあると思います。

答えは多分ずっと出ないと思います。

だからと言って、なんで生きているのか分からない、とか

自分なんて生きている意味が無い、

と考えるのは間違いだと思います。

人は、なんで生きているのか、それを考え続けるために生きているのだと思います。

生きるためには、最低限の生活が必要です。

そのためには、最低限のお金が必要です

働いさえいれば、給料があれば、

生活の基盤と、生理的欲求と、安全の欲求が満たせます。

だから、会社に所属すれば、所属の欲求も満たせます。

人から頼られたり信頼されることで、愛の欲求を満たされます。

これは、決して恋愛感情の異性からとは限りません。

また、仕事を通して、承認の欲求や自己実現の欲求も

満たすことができます。

つまり、仕事を辞めてしまうと、

これらの欲求を全て同時に失ってしまい、

不安になるのです。

人は欲求を満たせなくなった途端、生きている意味を見失いがちになる。

だから、旅に出たり、人と交流したり、お金を使ってその欲求を満たす行動を起こすのです。

仕事を辞めたり、セミリタイアをする際には、

仕事を通して得ていた「全ての欲求」を、

かなり高いレベルで代わりに満たしてくれるものを、

見つけておかないと不安になってしまうのです。

そうしないと、今まで仕事で満たせていた欲求が、

セミリタイアすると満たせなくなるので、

急に不安になり生きている意味が無くなってしまう。

働くことは、生きるための活力なんですよね。

でも、それだけでは、もしそれが無くなった時の対処をしておかなければ、大変なことになります。

言い換えると、仕事以外で、以下の欲求を満たせるものを見つけて、実行していくことが大切になってきます☆

1.生理的欲求

2.安全の欲求

3.所属と愛の欲求

4.承認の欲求

5.自己実現の欲求

これは、まさにランニングなどの趣味が適していますよね🎵
スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください