fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

活性酸素は電子を奪い身体を酸化する老化の敵〜それを防ぐ抗酸化物質

2019年02月04日
Pocket

モノは酸化によって腐食していきます。
 
それは生物である植物や動物も皆同じです。
酸化によって老化していき、死に至るのです
 
「活性酸素」とは酸素が活性化されたもの、いわゆる電子を失った酸素であり、他の物質を攻撃して電子を奪って酸化させる物質の総称です。
 
 

◎人間の死神は活性酸素

 
酸素はあらゆる化学反応や生化学において重要な物質です。
酸素自体は存在しなくては生物と言うものは生存し続けられません
 
しかし、皮肉にも酸素が活性化した「活性酸素」は敵にも味方にもなります。
 
 
もちろん、活性酸素の強い攻撃力は細菌やウイルスなどを死滅させるのに有効な物質です。
人の免疫の一部でもあると言われています。
 
しかし、それが増えすぎると言うのが問題であって、正常な細胞まで攻撃してしまい、電子を奪って酸化させます。これがいわゆる細胞の退化であり、老化です。
 
 
「活性酸素」と言えども、実は1つだけではなく、数種類存在するのです。
 
「スーパーオキシドアニオンラジカル(O2-)」
「ヒドロキシルラジカル(・OH)」
「過酸化水素(H2O2)」
「一重項酸素(1O2)」
 
の4種類です。
 
一般的に酸化力の強い攻撃的な活性酸素は「ヒドロキシルラジカル」であり、これは言わば電子が一つ足りない状態で、他の物質から電子を奪おうとする状態が強い物質です。
 
また、「水(H2O)」から1つの水素イオン(H+が抜けたものであります。
 
だから、電子を与える物質(抗酸化物質)であるカロチン、ビタミンE、尿酸、水素イオン等によって中和して安定化させることが出来るのです。
 
・OH + H+ e– → H2O
 
ラジカルに水素イオンと電子を与えれば、安定な水に戻るのです。
 
「ラジカル」とは、不対電子(電子が足りない状態)を持つ化学種のことで、不安定で攻撃な状態となっています。
 
このような活性酸素は日々何億とも発生しているが、抗酸化物質とそんそうした細胞の修復との戦いなのです。
 
その過程で酸化農法に偏るため、老化していき死に近づくのです。
 
 

◎脂質の酸化

 
不飽和脂肪酸(1つ以上の2重結合炭素を持つ脂肪酸)の二重結合に活性酸素が攻撃して、電子を奪って酸化させるのです。
 
例えば、天ぷらの揚げ油は、何回も使うと、黒ずんでねばねばしてきます。これがいわゆる油の酸化(劣化)です。
 
だから、劣化した揚げ油を使うことは身体の酸化(老化)を引き起こしているのです。
 
 
惣菜モノやスナック菓子やインスタント食品などの品質の悪いものはその可能性が高いのです。
 
酸化しやすい油としにくい油とがあって実は、植物性の中でもサラダ油など安価な人工的な油は酸化しやすく身体に毒なのです。
 
 

◎老衰死はこの世には存在しない

 
僕たちの身体の中では間違いなく活性酸素の発生が数多くあり、それが余剰となって身体の組織を損傷させていきます。
 
肌細胞はもちろんのこと、筋肉や、血管や脳細胞など、時間を掛けてゆっくりと酸化していくのです。
 
しかしながら、幸か不幸か、この一連の事態は潜在的に起こるので、気付きようがないのです。
 
ただそれが蓄積すれば、何らかの影響を現してきます。
それが老化に繋がるのです。
 
老衰死として扱われるのは、統計上では日本は6%ほどであるが、これは際立った病死や事故死でない場合には詳しく解剖しないので、その他は老死として扱われるのです。
 
人間の細胞も必ずとして経過時間が経てば活性酸素に参加されて、ある程度の細胞が死を迎えると、どこかの臓器が止まって死に至るのです。
これは生きていく限り宿命なんですね。
 
人間の様々な病気の原因もそのほとんどが活性酸素による「酸化」か、最近の生活習慣病は糖質による「糖化」なんです。
 
じゃあその酸化や糖化を防ぐためにはどうしたらいいのか?
 
 

◎酸化を防ぐのが抗酸化物質

 
上記にも述べたように、活性酸をを中和してくれるのが「抗酸化物質」であります。
 
酸化の反対は「還元」であり、電子を与えます。
この還元を起こすのが「抗酸化物質」と言われています。
 
つまり、活性酸素の害は酸化にあるのだから、抗酸化物質をわれわれが手に入れることができれば、それが老化抑制物質ということになります。
 
 
例えば、「カロチノイド(カロチン)と言われる物質があります。
 
これは卵の黄身の成分であるキサントフィルという黄色い色素であったり、
 
ニンジン・カボチャ・ほうれん草などの緑黄色野菜にもカロチンとして多く含まれています。
 
日本の長寿の地域を調査した結果、卵や人参とかぼちゃを多く食べると言う結果もあるようす。
 
 
そして、他にも抗酸化物質として有名なのがビタミンCコエンザエムQ10(ユキノビジン)であります。
 
ビタミンCは言わずと知れた免疫力を付ける栄養素であり、コエンザエムQ10はサプリでも有名な還元型と言われる栄養素です。
 
 
ガンをはじめとする成人病の多くの原因は、糖質過剰とこれらの栄養素不足です。
 
つまり、「酸化&糖化>抗酸化物質」となることが、病気を進行させるのです。
 
 
このようなことを考えると、病気にならないための不老不死を目指すにはどのような食生活をすればいいかは明確でありますね☆
 
 

◎日ごろの疲れに効くカロテノイド

 
合わせて摂るとよいカシス由来のアントシアニン(青紫色色素)、ルテイン(黄色色素)、 アスタキサンチン(赤色色素)、リコピン(赤色色素)など植物由来の3色のカロテノイド(天然色素)をしっかり配合しています。

 

◎肌から水素イオンを吸収

 
抗酸化作用でシミ・シワを防ぐ「水素パック」! 高い抗酸化機能に加え肌バリア機能を回復してくれます。
水素の還元力はビタミンCの176倍、ポリフェノールの221倍、コエンザイムの863倍と 圧倒的な還元力をもっています。

 

◎吸収率の高いコエンザエム

カネカのコエンザイムQ10は吸収率に優れた還元型コエンザイムです。
吸収率に優れた『還元型コエンザイム』100% 配合!
還元型コエンザイムを2粒に贅沢100mg配合!
 



Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください