fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

街中や公共施設を走るマラニックの大切なマナー

2019年05月08日
Pocket

僕は街中を1人で走るのは面白くないんで、目的があることはみんなと走ると楽しいし、LSD的な練習になるんで結構参加してます♪

そこで色んなマラニックに参加してて気付くのがマナーかな~と思うのです。

僕はこういうイベントではほとんど前の方に行かずに、後ろの方でのんびりと全体を見ながら走ってます(主催者の性w)

そこで気付いたマラニックマナーの悪いとこを☆

トレランでマナーを守れない人は街中でも守れない人な気がします

〇集合場所で場所を大きくとって拡がる

ただでさえ人数多いし目立つんやから、小さくまとまりましょう。

大きく道全体に広がってペチャクチャしゃべって、荷物を広げておいて通行人の邪魔になっていることに気付かない人が多いです。

〇団体でコンビニなどを利用する時

これは仕方ないですが、1人でも多く、事前にいるものやトイレは集合場所前に済ましておくのがステキなマナーだと思います。なるべくコンビニ利用は控えるように準備し、使ってもには気を使ってサクッと。

〇遅刻

必ず間に合う自信がない限り、余裕を持って集合場所に着くように行きましょう。目覚ましは何回もセットしておく。僕の主催イベントは遅刻ありきのスケジュールを闇で立ててますがw  遅刻は全体の企画に多大な迷惑掛けます。仕事じゃなくてゆるいからと言って、これは日本では一般常識だと思います。

〇行き先、コースの把握

どこ行くか、どのルートを通るのか、完全に主催者任せの人が多いです。ある程度はイベントページに書いてるんで自分でも調べておきましょう。離脱やエスケープする時に大切ですね。

〇ドタキャン

仕事を休むくらいのレベルで、事前の一身上のキャンセルは仕方ないと思います。それ以外は自己管理だと思います。気分が乗らないとか参加者がとかは論外です。参加申請する時にその日は高確率で大丈夫か確認しましょう。主催者は自分でドタキャン出来ません。それくらいの覚悟で参加申請はすべきだと思います。

〇先導のペースをあおる、先導より前に出て速く行く

自分1人のために走ってるんではありませんね。速く走りたいなら1人で走ってください♪主催者は全体の工程時間を考えてペースを作っています。それを乱さないにしましょう。

〇先導が遅い人たちをおいて速く行く

これはゆるゆる詐欺とかにありがちですが。全体のペースは結局、1番遅い人で決まります。いくら急いでも一緒です。マラニックなんですから1番遅い人に合わせてみんなで楽しく行きましょう。ばらけて、一人になっているとか、付いて行けずに迷子になるとか、みんなで行く意味がありません。ゆるゆると言うのは主催者目線ではなく、1番遅い人の参加者目線に合わせましょう☆

〇同じ人ばかりと話す

僕も人見知りなんで話すのは苦手ですが、ずっと前後、左右並んで一緒の人と話してる。何しに来たんですか?色んな位置に入れ替わって交流を楽しみましょう♪

〇街中の繁華街でも走る

観光客や通行人が多いとこでは歩きましょう。みんな見てないと思うけど、僕はこういうとこでは一番後ろで歩いてあとから追いかけます。先導が気を付けるべきです。ランナーはただでさえ人数多いし目立つんやから。だから僕はマラニックでは街中でも溶け込む格好をしてますw  あの人速そう!って格好はしません。そんな格好は街中で必要ないですから。

〇狭い歩道で向かいから、歩行者、ベビーカーや自転車が来たら歩いてすれ違う

山と同じだと思います。街の一般人は、山のハイカーさんよりもランナーを怪訝(嫌な顔)してます。ランナーはただでさえ人数多いし目立つんやから。

〇信号無視しない

ただでさえ人数多いし目立つんやから、、、何回目w  一人やと自己責任でしょうけど、団体ですと連帯責任です。赤信号みんなで渡れば怖くないは間違いです。

〇歩道が狭い道路で車道の白線をはみ出して走らない

ただでさえ人数多いし目立つんやから、、、マジで。  何回言っても、膨らんでくる人、アレなんなんでしょ?引かれたいのか^^;  車運転したことないのかな、走ってるランナーほど怖いものは無いとおもいます。一列で最内によって走りましょう。

〇走力や人数を制限する

僕のイベントは知らない人を招待されることが多いんで調整は難しいんですが、団体行動なので多ければ多いほど、走力に差があるほどコントロールが難しくなり、周りに迷惑をかけます。場所によっては人数制限を掛けましょう。

僕は人に誇れるほど主催や参加イベントの数はそこまで多くないですが、これまでやってきた中で考えて成長はしてきて実行してると思いますので、皆さんも気付いた点は考えて、走る人も周りの人にも楽しいマラニックにしていきましょー♪

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください