fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

六甲ファイブピークストレイルレース(岡本から六甲山頂~縦走路~市ガ原~掬星台)

2019年05月29日
Pocket

2018.5.27記 六甲ファイブピークスとは六甲山系で開催される5つのピーク(六甲山、高尾山、鍋蓋山、菊水山、摩耶山)を越えて行われるトレイルランニングレースです。


ロングのスタート前に、スタート地点の岡本の保久良夢ひろばに行って仲間を応援!

比叡山50マイルに出た関西の精鋭たちが僕の地元岡本の保久良山に集まる☆

僕の始めてトレランをしたキッカケでもある神戸SALOMONの小出選手も招待選手で来てて盛り上がる

7時30分からロングの第1ウェーブのAクラスの精鋭たちがスタート。5分おきに第2ウェーブのBクラス、第3ウェーブのCクラスと続々スタートを見送る。

ショートは8時20分から1ウェーブのDクラスの精鋭たち(キャノンボール4時30分代で連覇中の小ちゃんや神戸マラソン日本人1位の2時20分代の楠本さん他)

5分おきに第2ウェーブのEクラス、僕は8時30分のショート第3ウェーブの最後尾からゆっくりスタート

最初から走って登ってると、いつの間にか第3ウェーブトップに躍り出て、しばらく5分差の第2ウェーブに追いつくまで一人旅。

それもつかの間で、すぐに第2ウェーブの最後尾に追いつく。
細い走れるシングルトラックばっかやったんで、無理に抜かずに淡々と、開けたら一人一人捕らえてく。

そうこうしてると、全員のスタートを見送ってからスタートした小出さんも最後尾から追い付いてきて、一緒に走る

流石にトレイルの登りの速さとロードの走れる登りはクソ早い!

頑張って付いていって、登りで離され、下りとエイドで追い付き抜きつ抜かれつ。

3ウェーブでロングのCクラスとかにも追い付き出して、ショートの第1ウェーブにも追いつき出したけど、タイムラグがあるし、みんなゼッケン前に付けてるからから全く自分の位置が分からん^^;

淡々と進んでハイカーさんや他のランナーに会ったら、必ず前もって挨拶して、歩いて通過するは徹底(当たり前)

他の人も僕がやるから、この中盤の人らは出来てたし、トラブルも無かったかな。
問題は中途半端に速くて山慣れしてない人やけど、実際のとこ定かではない

そうこうしてると、市ガ原でショートの通過順位10番目と言われるけど、僕は第1ウェーブより10分遅れでスタートしてる差があるから実際定かでは無い(・∀・)

最後の掬星台までは鉄平塾の理論を総動員して出し切る!

ゴールは華やかで、なかなかコースも普段走らないマイナーなトレイルで、アップダウンありまくりで楽しかった\(^ω^)

1位は小ちゃんこと篠原さんでダントツの3時10分!2位に最近トレイルで強い板垣選手。

僕は4時10分、、、
たった28キロで1時間も差がつくのか!

ゴールで待ってると次々とショートの人らがゴールで、楽しみにしてたロングの人らを迎えに掬星台までの最後のロードでみんなを出迎える!

相当色々あったみたいで、1位の小寺選手でも7時間以上。

その後も上位は知り合いの比叡山50マイルに出た人だらけ!

2位は榊原さんで3位は前川さん来た!

なので茂山さんもロストしまくりやけど4位に(*´ω*)

ショートとロングの表彰式見て、仲間と一緒に車で岡本まで送ってもらって、コンビニビールで乾杯して解散\(^ω^)

僕はショートで疲労ほとんど無くて申し訳ないけど、すごい方達と一緒に大会に出れて幸せでした☆

スポンサーリンク


ランニング系のスポーツネットショップなら


Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください