fbpx

鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

6つの基本的感情で表すプルチックの感情の輪が秀逸だった

2019年07月09日
アイキャッチ画像
Pocket

日本では、よく「喜怒哀楽」という言葉が使われますよね。

喜び

怒り

哀しみ

楽しさ

喜と楽は似ている気がしますが

心理学の業界では、もう少し多くて、

「喜び・嫌悪・驚き・悲しみ・怒り・恐れ」

の6種類が基本とされているようです。

最近では、基本的な感情は27種類で構成されているという論文がありますが、これは多過ぎて何が何だか(笑)

分かりやすい感情の分類で、「プルチックの感情の輪」と言うのがあります。

検索してもらうと分かるのですが、青赤黄の3原色を基本とした6つから派生する感情の分類分けです。

プルチックという人は、

人間の感情の分類は、色の分類に似ていると考えました。

いろんな感情の色相環のように分類したのです。

色の3原色と同じように、感情も「3つの源の感情」を組み合わせることで、

多彩な感情を表現できるというわけですね。

この理論の中では、基本的な感情は8つ。

「喜び・期待・怒り・嫌悪・悲しみ・驚き・恐れ・信頼」

例えば、「喜び」と「信頼」が組み合わされば「愛」という感情になります。ちょっと違う気もしますが。

「喜び」と「期待」が組み合わされば「楽観」が生まれます。

これはなんとなくわかります。

さらにこの分類分けの中には、それぞれの感情には深さがあり、

グラデーションのようなものになっているようです。

怒りだったら、苛立ち < 怒り < 激怒

恐れだったら、不安 < 恐れ < 恐怖

で、だんだん強くなっていきます。

なかなか理にかなった面白い考え方だと思いますね。

そして、「喜び・期待・怒り・嫌悪・悲しみ・驚き・恐れ・信頼」

この8つの感情には相互関係があるとして、

それぞれ対になる設定があります。

・喜び ー 悲しみ

・期待 ー 驚き

・恐れ ー 怒り

・信頼 ー 嫌悪

これらは、感情の輪では、向かいに配置されていて、

対になっている感情には、相反して簡単に移行しないことを示しています。

喜びながら悲しむというのは難しいですし、

信頼している人と嫌悪するというのもイメージが湧きません。

この中でも「喜び・期待・恐れ・信頼」が退陣に対しての感情の大部分を占めると思います。

喜ばせ、期待値を高め、恐れ(不安)を煽り、信頼を獲得する。何かの方法論に似ていますね。

これはセールス営業の基本的方法で、商品を買ってもらえる確率が高くなるようです。

逆に、悲しませたり、驚かせたり、

怒らせたり、嫌われたりしたら、購買には繋がりません。

「人は感情が動いた時に、モノを買うんだ!」

ということです。

なので、相手を説得する話や、でべーと、プレゼンにおいても、「喜び・期待・恐れ・信頼」

という4つの感情を抱いてもらえるように、

工夫すれば効果的だということになりますよね。

こうやって、感情という不確かなものでも、

突き詰めていくと、具体的な施策が見えてくると思います。

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください