鉄平塾

〜運動と健康の理論的な研究~

鉄平塾
Pocket

なぜ日本で緊急事態宣言が都市部に出たのか?

2020年04月12日
アイキャッチ画像
Pocket

 

当然、人口の多さゆえ感染者も多いから。
それと、世界の感染状況から見ても、密閉、密集の中で、さらに密接(密着)が一番感染が高い気がします。

それが、どこで起こるのか?
『夜の街(集り)』と言うキーワードが、かなり言われています。

 

画像のデータを見てください。


(あまり見かけないけど、正式な統計情報)

新型コロナ陽性者(死者ではない)の、下から若い世代で、左が男性、右が女性。
データの母体は東京都の検査対象です。

 

特異的なのが、圧倒的に男性の総数が多い。
また、10代20代の若い女性が比較的多い。
あとここにはない確実なデータでは、実は日本国籍以外の割合も高いのです。

この人達はどこで感染しているのか?
感染経路不明と言うのは、妻子がいる男性とか、若い女性とかが、事実を言えなくて隠している可能性も考えられます。

 

そう、いわゆる「夜の街」
種類はあえて言いませんが、緊急事態宣言出て半強制的に営業停止になったところが、本当の感染拡大の原因場所なんだと思います。

そういう場所って浮わついた空気的に、マスクしないし衛生意識が緩み、密接密集密閉でよく喋りモノを共有します。
だから、政府はここを抑えたくて緊急事態宣言を出したような気がします。
本当は誰に対してあんなに強く言っているのか、本当のところがあるのでしょう。
日本人は真面目だからそれにみんな反応して自粛するのはある意味素晴らしい人種かもしれません。
でも、本当に重要な人達は自粛しているのだろうか?

 

それに煽りを受けた業界や事業も多いでしょう。
僕もです。全ての事業がアカンような、全ての行動がアカンような、行動すれば犯罪のような雰囲気になり、家にいてガマンすることが正義な同調圧力があります。

今でも稼働している満員電車や一般的な企業の仕事は、三密の対策してマスクしてあまり喋らなければ多分、大きな感染源にはならないんだと思います。
電車が感染源なら今のところ1日200人の陽性者ではきかないと思います。

 

単なるテレビで言われる数字や政府の言うことをそのまま受け取るのではなく、一旦受け取ってあらゆる思考をしてから判断すべきなんだと思います。
そうでなきゃトイレットペーパーやパスタは無くならない。

大きな作られた空気感ではなく、本当の本質を考えないといけない気がします。
限られた溢れだした情報で密集密接密閉された脳は思考が凝り固まるような気がします。これはある意味洗脳なのか?宗教なのか?

日本人は特に、少数派の団体を宗教とか揶揄しますが、大多数(マジョリティ)の共通意識は、全くそう思うことなく称賛します。。

スポンサーリンク

Pocket


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください